「からだによいものはおいしい」という 古来からの 知恵に沿った商品作りと
人にやさしい店作りを めざします
サンメリーの創業は1946年。

東京、赤羽の和菓子と甘味喫茶の店がはじまりでした。戦後の混乱期、材料も十分に手に入らず、サッカリンなどの甘味料を使用するのがあたりまえだった時代に砂糖の使用にこだわり続けたのがサンメリー精神のスタートだったのです。

時代の成長と共に、洋菓子、レストランそして焼きたてパンの専門店へとサンメリーは変化してまいりましたが、この創業当時のこだわりは今も持ち続け、本物の味、安心素材を使ったパン作りに取り組んでいます。